<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

肥満細胞腫。

主治医の先生と話しました。
ラテが胃捻転の時にもお世話になった先生で、とても分かりやすく丁寧に説明してくれました。

どうしようか迷ったんですが、バーニーズを飼う者の責任として、
もしかしたら誰かの役に立つかもしれないと思い、
今回のラテの件に関して、ここに記していこうと思います。
本来、ブログは楽しいものだと僕も思っていますので、
不快に思われる方はどうぞスルーしてください。


まず、左耳付け根部分に出来たウズラの卵大の腫瘍ですが、
針を刺して細胞の一部を採取して調べたところ、
正式名称は「肥満細胞腫」ということでした。
名前からすると「なんだ、脂肪の固まりなんじゃ?」と思ってしまうのですが、
いわゆるガン細胞の一種で、しかも、かなりやっかいなものなのだそうです。

ステージは三段階あり、ラテの場合は「2」。
「1」は切除すればまず完治する、小さく、軽度のもの。
「3」は切除しても全身への転移が濃厚で、もう手がつけられない状態。ラテの場合は、その中間、ということでした。

血液監査と全身のレントゲンの結果、今の時点で転移は見られないそうです。

ただし、血液検査は人間のように初期の段階で腫瘍マーカーのようなものが表れるわけではなく、また、レントゲンも0.5ミリ以上の大きな腫瘍でないと反映されないため、まったく安心できる状態ではないそうです。

今後の治療としては、まず腫瘍そのものを切除し、切り取った腫瘍を再度精密な検査にかけ、その悪性度を詳細に調べたうえで、転移があるかないかの経過を見守る、ということのようです。
結局のところ、切り取ってから調べないと、その本当の程度は分からないのだそうです。
そして、切り取るのは腫瘍から前後左右に3センチ以上の大きめに切除しなくてはいけないということで、つまり、左耳全てを切除することになりました。かわいそうだということで少しだけ耳を残しても、腫瘍箇所が残ってしまっていたり、逆に犬にとっては気になったり、また、化膿等の二次被害がある場合もあるので、全切除を勧められました。

もちろん、葛藤もありました。

バカバカしいと思うかもしれませんが、愛犬、特に雌犬は、男の飼い主にとっては特別な存在です。
ラテは僕にとっては本当に可愛い、そして全世界で一番綺麗な「女性」なのです。
その耳が無くなる…ということは、自らの耳を引きちぎられるかのような想いでもありました。

でも、もちろん命にはかえられません。。。

麻酔等の検査の後、ゴールデンウィーク後に手術することになりそうです。
全てをここに書いたわけではありませんが、だいたいこんな感じです。

素晴らしい先生に診てもらえていることが、せめてもの救いです。
今はただ、信じるのみです。

また何か進展しましたら、ここでご報告させて頂きたいと思います。papa
[PR]
by kosato7k | 2011-04-28 15:21

夢!?

今、起きました。
眠れないなぁ。。。


夢であって欲しい…と思いましたが、
残念ながら夢ではありませんでした。

左耳の付け根あたりに、うずらの卵くらいの腫瘍。
これが「悪性」、つまり、ガンによる腫瘍だそうです。


「ウチのコに限って…」ではないですが、
ラテはバニとしてはサイズも小さくて関節も大丈夫だし、
捻転になっても完治したし、、、、
根拠もなく「長生きする」…なんて思ってたんですが、
甘かったようです。

近日中に精密検査をして、正確な腫瘍の範囲や転移の有無等を調べ、どういう治療を行うかを相談することになりました。

バニを飼い始めた時から覚悟はしていたつもりでしたが、
このタイミングと、あまりの早さに、
どこにもぶつけようのない怒りと悲しみ、自分に対する情けなさを必死で振り払おうとしている自分がいます。
それでも、最後の最後までラテと向き合おうと思います。


下の双子(2歳)が、まだ風邪続きです。
それが落ち着いたら、ラテだけでも一緒に暮らせるようにしたい。。。



今、外はものすごい土砂降りです。
でもなぜかそれが心地いいです。

c0147042_65217.jpg




いつもいつも暗い話題ばっかりですみません(笑)。papa
[PR]
by kosato7k | 2011-04-23 06:52

ラテが。。。

訓練所から連絡がありました。

耳に…悪性腫瘍があると。。。

ラテは今年の11月で、六歳。



今から、パパと訓練所に話しを聞きに行ってきます。
[PR]
by kosato7k | 2011-04-22 15:59

陽はまた昇る。

c0147042_9544465.jpg






4月1日、仕事で手賀沼方面に行く途中、ちょいと早起きして沼に寄り道。
適当にバシャバシャと撮っていると、朝陽が昇り始めました。

すると、景色が一変。

そのあまりの美しさに溜息を漏らしながら、レンズの手振れ補正に頼って手持ちで撮影していると、
白鳥が朝陽とシンクロしました。

こういう瞬間があるから、写真はやめられないのです。
[PR]
by kosato7k | 2011-04-05 10:00